脳卒中週間(5/25-31)

脳卒中週間(5/25~31)

趣旨:

脳卒中は、わが国の死因の第4位を占め、患者数は平成29年の厚生労働省患者調査では112万人に達しています。多くの市民が脳卒中になることを心配し、発症後遺症に悩む患者・家族が多く、寝たきり老人の3割、要介護者の2割を脳卒中患者が占めており、社会的負荷の 極めて大きな疾患となっています。

その予防は極めて重要ですが、現実には一般市民の脳卒中に関する知識は乏しく、生活習慣の改善や危険因子となる高血圧、糖尿病などの治療が十分に行われていません。日本脳卒中協会の調査では、一般市民の6割の方は脳卒中の危険因子を全く知りません。米国においては「脳卒中月間(Stroke Awareness Month)」が、英国においては「脳卒中週間(Stroke Awareness Week)」が設定されて毎年特定の期間に集中的に啓発活動が行われていますが、我が国において脳卒中に関しては未だ集中的啓発活動が行われていません。 そこで、日本脳卒中協会は、脳卒中に関する知識を広め、一般市民の脳卒中に関する理解を高めることを目的に、平成14年から毎年5月25日から31日を脳卒中週間と定め、脳卒中に関する啓発活動を行ないます。

時期について:

この時期を選んだ理由は、1)厚生省健康科学総合研究事業 脳梗塞急性期医療の実態に関する研究(主任研究者:山口武典)により、脳卒中の大部分を占める脳梗塞の発症が年間では春に少なく6‐8月から増加することが明らかになり、2)一般に「脳卒中は冬に多い」というイメー ジがあるので、実は脳卒中は夏から気をつけなくてはいけないという警告を与えるためには、その直前である5月の終わりが適切と思われるからです。

脳卒中週間の標語およびポスター:

2020度の脳卒中週間の標語を公募し、応募作品748作品から選考委員会にて「脳卒中 知って学んで 予防する」(中野弘樹さん作)が選ばれました。

これらを盛り込んだポスター(A2サイズ)を製作し、脳卒中週間に日本脳卒中協会会員の医療従事者が勤務する医療機関や、薬局などに掲示いたします。

近畿ローソン直営店に脳卒中週間ポスターが登場

2009年から近畿ローソン支社様のご協力により、近畿圏70か所のローソン直営店において、脳卒中週間ポスターを掲示していただけることになりました。

▼ 大阪府吹田市江坂駅前店

脳卒中の予防を呼びかけよう

脳卒中週間(5月25日~31日)の事業の一環として、脳卒中の予防や発症時の早期受診の重要性を呼びかける標語を募集しています(2021年6月頃に募集を行います。時期が近づきましたら詳細を掲載いたします)。

2020年度 脳卒中週間標語選考委員(敬称略、順不同)

川勝弘之(三井住友海上あいおい生命保険株式会社、日本脳卒中協会理事)

木立眞行(日本脳卒中協会副理事長)

木下 聡(読売新聞大阪本社科学医療部部長)

原 功(コピーライター)

峰松一夫(国立循環器病研究センター名誉院長、日本脳卒中協会理事長)

山口武典(国立循環器病センター名誉総長、日本脳卒中協会常務理事)

▼ 脳卒中週間のポスター(2020年度)

デザイン:田村昭彦(前 大阪芸術大学教授)

脳卒中週間に、薬局や医療機関などに掲示されます。

過去の標語

2002年度「脳卒中 倒れる前にまず予防」「逃すな前ぶれ、早めの受診」

2003年・2004年度「脳卒中 予防は日々の暮らしから」

2005年度「脳卒中予防を支える 家族の目」

2006年度「1分が わける運命 脳卒中」

2007年度「脳卒中 素早い受診が 早める復帰」

2008年度「おかしいぞ 何か変だぞ すぐ受診」

2009年度「脳卒中 健康過信を ねらいうち」

2010年度「長くてつらいリハビリよりも ちょっと控える塩と酒」

2011年度「脳卒中 決め手は予防と“もしや”の受診」

2012年度「脳卒中 予防と予兆が 鍵握る」

2013年度「‘呂律が回らず手がしびれ’これはともかく救急車」

2014年度「すぐ受診 動悸は危険の ふれ太鼓」

2015年度「様子見は とにもかくにも 命取り」

2016年度「それでいい?運動、塩分、酒、たばこ」

2017年度「すぐ消えた まひやしびれも すぐ受診」

2018年度「脳卒中 予防で生き生き 健康長寿」

2019年度「まさかより もしやで受診 脳卒中」

2020年度「脳卒中 知って学んで 予防する」