脳卒中体験記「脳卒中後の私の人生」

脳卒中体験記を募集しています

 日本脳卒中協会では、ご自身またはご家族が脳卒中になられた体験を持つ方の体験記「脳卒中後の私の人生」を募集しています。

 自分らしい生き方をめざして前向き進む患者さんやご家族の方の人生に焦点を当てることで、(1)脳卒中の患者さんやご家族の励みとしていただき、(2)脳卒中に対する社会的関心を高め、(3)障害を持ちながら生きていくことの難しさについての理解を広め、障害者にやさしい社会づくりを促す、ことを目的としています。

 お寄せいただいた原稿は、毎年、審査委員会が審査し、入選作品は入選作品集として印刷発行します。

 また、以前の体験記についても在庫のある限りご郵送させていただきます。詳しくは「脳卒中に関する冊子」をご覧ください。

応募方法

脳卒中を体験したあともいきいきと暮らしておられる様子を、2,000字程度にまとめて2020年12月末日(消印有効)までに郵送してください。電子メールによるご応募もお待ちしています。

  • 応募作品は未発表のものに限ります。
  • 枚数は、手書きの場合は400字詰原稿用紙5枚程度(便せん等は不可)。ワープロ原稿は、2,000字程度とし、文字数を明記してください。
  • 原稿に通し番号をふってください。
  • 題名はご自由におつけください。
  • 審査の参考にしますので、別紙に、年齢(現在の年齢と発症したときの年齢)、病型(脳梗塞・脳内出血・クモ膜下出血・その他)、主な後遺症(後遺症の程度、介護の必要度など)を簡単にまとめてお書きください。
  • 何をご覧になって応募されたかお知らせください(例 ホームページ、体験記入選作品集、新聞や雑誌)。
  • お送りいただきました原稿等は返却できませんので、必要な方は前もってコピーをお取りください。
  • 応募者(執筆者)の住所・氏名を必ずお書き添えください。

審査発表:

審査委員会が審査し、2021年3月頃に郵送にて審査結果をお知らせいたします。

なお、入選作品の著作権は公益社団法人日本脳卒中協会に帰属し、より多くの方々に読んでいただけるよう、ウェブサイトに掲載するなど、二次利用させていただくことをご了承ください。

応募あて先:

□ 住所:〒545-0052 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-15 共同ビル4階
    日本脳卒中協会「脳卒中後の私の人生」係

応募フォームから応募

締切:

2020年12月末日(消印有効)

第22回 脳卒中体験記「脳卒中後の私の人生」入選作品 発表( 2019年度 )

(敬称略)

優秀賞

「28歳からのリ・スタート」 髙野 直也

佳作

「ハンディキャッパー自らの2つの「助」とは?」 寺岡 修

「SW・PSWを目指す」 石川 順一

「高齢を生きる障害者の体験」 須原 良雄

「脳梗塞により高次脳機能障害を患って」 松永 裕介

「笑っちゃいな」 中山 恵美代

入選

「母」 中馬幸紀

「私に生きる力を与えてくれた「あけぼの会」」 今枝 睦宏

「今を大切に、今を生きよう」 奥村 恭子

「自分を信じて挑戦すれば必ず幸せが来る」 近藤 浩二

「まさか、まさかのクモ膜下出血からの復活」 川村 和利

「リハビリは主婦(夫)」 川上 幸雄

「脳梗塞からの挑戦」 髙橋 貞之

「老後の楽しみ」 織田 努

「社会復帰が最大のリハビリ」入 寿和

「脳卒中後の私の人生」 大内 三郎

「東京まで歩いたぞ」 棟方 直幾

「私が治す」 石川 彰子

「誰かのために生きてこそ」 田村 和昭

「脳卒中後の私の人生」 大森 育美 

審査委員:

 上條美代子(元国立循環器病センター看護師長)

 川勝弘之(三井住友海上あいおい生命保険株式会社、日本脳卒中協会理事)

 木立眞行(日本脳卒中協会副理事長)

 木下 聡(読売新聞大阪本社科学医療部長)

 園田尚美(特定非営利活動法人日本失語症協議会副理事長、日本脳卒中協会理事)

 峰松一夫(国立循環器病研究センター名誉院長、日本脳卒中協会理事長)

 山口武典(国立循環器病センター名誉総長、日本脳卒中協会常務理事)

 (敬称略、50音順)

脳卒中体験記「脳卒中後の私の人生」アーカイブ

過去の受賞作品はこちらをご覧ください。

【特別企画】聴く脳卒中体験記

第21回 脳卒中体験記 優秀賞受賞作品(平成30年度)

「もう一度、よろしくネ」田口ゆうこ さん 作

朗読 峰松節子(朗読ボランティア)

第21回脳卒中体験記優秀賞「もう一度、よろしくネ」田口ゆうこさん作 from JSA on Vimeo.