企業との協同事業

日本脳卒中協会の活動において企業との協同事業も大きな役割を担っています。市民向けの資材作成、医師向けの資材やスライドの作成などとともに、各地での講演会や市民公開講座、脳卒中啓発イベント、テレビ放送、展示、提言などが開催されています。

アボットメディカルジャパン合同会社

  • 脳梗塞再発予防に関するウェブサイトの運営
    • 脳梗塞患者さん向けのウェブサイトを中心に、脳梗塞患者さん・ご家族への情報提供を行っています(https://pfo-japan.com)。
    • 患者さん/医療従事者向けウェブサイト訴求カードを作成・配布しウェブサイトを通じた脳梗塞再発予防を予定しています。
    • 2021年1月に経カテーテル的心臓短絡疾患治療基準管理委員会(PFO協議会)ページへのバナー掲載がスタートしました。
  • 都道府県支部との医療従事者向けもしくは市民向け脳卒中セミナーの共催
    • 脳卒中患者さんの診療連携の推進のための医療従事者向けセミナーおよび市民向けセミナーを行い、講演者の派遣、パンフレットの配布を行います。
  • 全国向けウェブセミナーの共催
    日本脳卒中協会との共催にて医師向けの脳梗塞再発予防に関するウェブセミナーを行います。

大塚製薬株式会社

  • 脳卒中地域医療連携事業(SCRUM)
    脳卒中診療を担う医療従事者を対象に各支部との共催で学術講演会を開催することによって、急性期治療から慢性期・自宅における地域全体(医療従事者・患者・介護者)での服薬継続システム構築を目指し、脳卒中再発予防の推進を図っています。

オムロン ヘルスケア株式会社

  • 家庭血圧などの計測普及による脳卒中予防を推進する事業
    家庭血圧などの測定、および不整脈の自己チェックに関する一般市民への啓発を通じて、脳卒中予防を推進します。

グラクソ・スミスクライン株式会社

  • 医療従事者対象「脳卒中月間+脳卒中後遺症 手足のつっぱり(痙縮)」疾患啓発事業
    脳卒中月間(毎年10月)において、医療従事者(医師、薬剤師、療法士、看護師等)を対象に脳卒中月間の認知向上、ならびに、脳卒中後遺症に対するボツリヌス療法に関する情報提供を行っています。

第一三共株式会社

  • 心房細動に関する市民啓発事業
    心房細動の発見方法、心房細動が見つかった場合の脳梗塞予防の重要性などに関して、「脈の日」および「心房細動週間」の普及を通じて、一般市民への啓発活動を行っています。
  • 心房細動患者のアドヒアランス向上事業
    心房細動患者の疾患啓発・抗凝固薬服薬アドヒアランス向上のために、ウェブサイト、医療関係者対象講演会、学会共催セミナーなどを通じて、
    ① 心房細動患者に抗凝固薬の服薬継続の重要性と副作用などの注意点に関する情報提供を行い、
    ② 医療従事者(医師、薬剤師、看護師など) を対象にアドヒアランス向上に関する情報提供を行います。
  • 心房細動早期検出促進のための啓発支援事業
    心房細動早期発見ならびに検脈の重要性、検脈実施方法などに関して、都道府県毎にポスター、資材(検脈推奨eコンテンツ付き)を作成して医療機関に提供し、受診機会をとらえた啓発活動を支援します。なお、本事業は一般社団法人日本不整脈心電学会とも協同事業として実施します。
  • 脳卒中重篤化回避のための啓発支援事業
    脳卒中発症時の早急な対応を紹介する指導箋などを作成し、早期に救急車を呼び、治療を行うことで重篤化を回避できる啓発活動を支援します。

日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社

  • 心房細動患者における脳卒中予防に関する患者教育事業
    心房細動と脳梗塞の関連ならびに脈をとることの重要性にフォーカスをあてたウェブサイト(www.stop-afstroke.jp)、ポスター、パンフレットにて心房細動によって引き起こされる脳卒中予防の普及に向けた啓発活動を実施しています。

バイエル薬品株式会社

  • 心房細動患者における脳梗塞予防に関する、かかりつけ医教育事業(Care AF プロジェクト)
    心房細動患者における心原性脳塞栓症をテーマに、脳卒中に関する講演会を地域で開催し、かかりつけ医や医療従事者に対して心房細動の早期発見、適切な抗凝固療法の啓発を行い、脳梗塞の発症予防および再発予防を図っています。
  • 脳卒中に関する啓発・教育活動を通じて健康寿命の延伸を支援する協同事業
    脳卒中・循環器病対策基本法の基本的施策を踏まえ、国民の健康寿命の延伸に貢献することを目的に、脳卒中に関する市民啓発活動や保健・医療・福祉従事者の教育活動を支援する協同事業を行います。 今後、以下の活動を共催して実施する予定です。

    • 脳卒中に関する多職種連携を支援するセミナーの開催や啓発冊子の提供を行います。
    • 心房細動の早期発見に関する啓発活動や自己検脈の普及活動を行います。
  • 患者さんおよびそのご家族と医療従事者とのコミュニケーションを促進する協同事業
    脳卒中を経験した当事者(患者・家族)のアンケート結果を踏まえ、脳卒中患者さんの治療継続に対するモチベーションの向上を目的に、患者さんおよびそのご家族と医療従事者とのコミュニケーションを促進する協同事業を行います。
  • 心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト(TASK-AF プロジェクト

ファイザー株式会社

  • ストップ!NO卒中プロジェクト
    • 脳卒中予防啓発プログラム
      脳卒中の予防啓発を目的に、市民公開講座の開催ならびにJリーグやアメリカンフットボール、ねんりんピック2021*などのイベントにおいて、来場者を対象に脳卒中10カ条などの告知ならび早期発見、早期受診を呼びかける啓発活動などを行っています。
      加えて、脳卒中月間前後には、各地でラジオや新聞などを通じた啓発活動を展開しています。
      *ねんりんピック2021のイベントについては、日本不整脈心電学会と連携して実施する。
    • 脳卒中予防に関するかかりつけ医教育事業
      専門医およびかかりつけ医を対象とした講演会を開催し、脳卒中予防に関するかかりつけ医教育、かかりつけ医による市民啓発・患者教育を促進しています。
    •  啓発資材としては、医療関係者用(メディカルスタッフ用)や市民用として、スライド集、連携ツール、患者ツール等を継続して改訂・制作し配布します。

三井住友海上あいおい生命保険株式会社

    • 各都道府県支部主催の市民公開講座などへの取り組み
      市民公開講座および脳卒中市民シンポジウムに脳卒中経験者の講師派遣や資材提供を行っています。
    • 脳卒中Report(ホームページ)
      脳卒中に関する情報提供を行っています。
    • 脳卒中月間活動
      全国の支社や保険販売代理店に向けFacebookにより情報提供を行っています。
    • 啓発ツールの作成
      脳卒中、循環器病に関する啓発ツールを作成しています。
      「超図解!身近に潜む脳卒中・循環器病」[ダウンロード