[情報提供:医療従事者向け]脳卒中相談窓口マニュアル

脳卒中患者とその家族に対するシームレスな医療・福祉連携を充実させるため、「脳卒中相談窓口」を一次脳卒中センターの地域における中核施設にまず設置し、順次広げて行くことになりました。

脳卒中相談窓口では、脳卒中専門医資格を持つ医師1名が責任者となり、脳卒中専門医、常勤の脳卒中に精通した看護師や医療ソーシャルワーカー各1名以上が中心的役割を担います。

また、脳卒中療養相談士を1名以上配置し、必要に応じて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、薬剤師、管理栄養士、臨床心理士等の各専門職を構成員に含めます。

このたび日本脳卒中学会から脳卒中相談窓口マニュアルが公開されました。
 https://www.jsts.gr.jp/consultation/index.html

なお、JSA News(日本脳卒中協会会報)に概要や各団体からのコメントを掲載していく予定です。