脳卒中予防啓発のためのシンボルマークと啓発ツール

脳卒中予防啓発のためのシンボルマーク

「脳卒中予防啓発のためのシンボルマークは、脳卒中予防の啓発を目的として、2008年にファイザー株式会社の協賛のもと全国公募し(応募総数1,987点)、塚越孝平氏(東京都)の作品に決定しました。

脳卒中予防啓発のためのシンボルマーク 「脳卒中予防啓発のためのシンボルマーク」は、脳卒中の予防啓発の目的にのみ、ご利用いただけます。個人や法人のアイコンまたはロゴなどに利用することはご遠慮ください。ご利用の際は、事務局へお訊ねください。

問い合わせ先:info@jsa-web.org

特定健診を活用して脳卒中予防を!

「特定健診における心電図検査、眼底検査の実施に関するガイダンス」が作成されました。74歳の国民健康保険加入者を対象とする特定健診での心電図検査、眼底検査の実施基準が、2018年4月から改訂されました。脳卒中予防の観点からその意義についてご理解いただき、活用していただくためのガイダンスです。

「特定健診における心電図検査、眼底検査の実施に関するガイダンス」

心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト
TASK-AF(Take Action for Stroke prevention in AF)

  お役立ちツール

「寝たきりにならないために 今日からできる脳卒中予防」リーフレット

脳卒中に関する解説、脳卒中予防十か条、脳卒中の主な症状、自分でできる血圧や脈のチェック方法が掲載されています。是非、健康教室などでご活用を!

心房細動による脳卒中を予防するプロジェクト
TASK-AF(Take Action for Stroke prevention in AF)

  お役立ちツール

脳卒中発症時の救急対応カード

脳卒中の主な症状と、発症時の救急対応を呼びかけるカードです。ダウンロードして、身近な場所などに貼ってご活用ください。

NO!梗塞.net http://no-kosoku.net/images/jsa-seal.pdf