脳卒中週間

脳卒中週間 毎年5/25〜31 

趣旨:
 脳卒中は、わが国の死因の第4位を占め、患者数は平成23年の厚生労働省患者調査では124万人に達しています。 多くの市民が脳卒中になることを心配し、発症後遺症に悩む患者・家族が多く、寝たきり老人の3割、要介護者の2割を脳卒中患者が占めており、社会的負荷の極めて大きな疾患となっています。
 その予防は極めて重要ですが、現実には一般市民の脳卒中に関する知識は乏しく、生活習慣の改善や危険因子となる高血圧、糖尿病などの治療が十分に行われ ていません。日本脳卒中協会の調査では、一般市民の6割の方は脳卒中の危険因子を全く知りません。米国においては「脳卒中月間(Stroke Awareness Month)」が、英国においては「脳卒中週間(Stroke Awareness Week)」が設定されて毎年特定の期間に集中的に啓発活動が行われていますが、我が国において脳卒中に関しては未だ集中的啓発活動が行われていません。 そこで、日本脳卒中協会は、脳卒中に関する知識を広め、一般市民の脳卒中に関する理解を高めることを目的に、平成14年から毎年5月25日から31日を脳 卒中週間と定め、脳卒中に関する啓発活動を行ないます。

時期について:
 この時期を選んだ理由は、1)厚生省健康科学総合研究事業 脳梗塞急性期医療の実態に関する研究(主任研究者:山口武典) により、脳卒中の大部分を占める脳梗塞の発症が年間では春に少なく6‐8月から増加することが明らかになり、2)一般に「脳卒中は冬に多い」というイメー ジがあるので、実は脳卒中は夏から気をつけなくてはいけないという警告を与えるためには、その直前である5月の終わりが適切と思われるからです。

脳卒中週間の標語およびポスター:
 平成28年度の脳卒中週間の標語を公募し、応募作品784作品から選考委員会にて「それでいい?運動、塩分、酒、たばこ」(宮崎県 町田栄子さん作)が選ばれました。
 これらを盛り込んだポスター(A2サイズ)を製作し、脳卒中週間前後の期間に日本脳卒中協会会員の医療従事者が勤務する医療機関、理容店、コンビニエンスストアに掲示いたしました。

脳卒中週間関連イベント:
日本脳卒中協会主催としては、平成28年5月28日に長野市にて「第19回脳卒中市民シンポジウム」を開催いたしました。そのほか協会支部により、各地で講演会を開催いたします。>詳細

主催:公益社団法人日本脳卒中協会

共催:日本脳卒中学会 日本脳卒中の外科学会 日本神経学会 日本脳神経外科学会 日本循環器病予防学会 循環器病研究振興財団

後援:厚生労働省 日本医師会 日本看護協会 日本理学療法士協会 日本作業療法士協会 日本言語聴覚士協会 NHK