脳卒中体験記「脳卒中後の私の人生」

日本脳卒中協会では、ご自身またはご家族が脳卒中になられた体験を持つ方の体験記「脳卒中後の私の人生」を募集し、毎年発行しています。

平成18年度は、「脳出血を乗り越えて・・・身体障害者になって」が、優秀賞に選ばれました。

脳出血を乗り越えて・・・身体障害者になって

 40才の誕生日を過ぎた平成14年3月脳出血で倒れた私に続いて、主人もクモ膜下出血で倒れたのが2ヶ月後の5月で46才でした。

 たった2ヶ月の間に夫婦ともども脳卒中となり私は左麻痺で1種2級、主人は右麻痺の1種1級の障害者になりドン底に突き落とされた様でした。

 当時、家には子供たち3人おり長女は高校3年生、次女が高校入学したばかり、長男も中学に入学した時でした。

 私は、視床下部の出血であの世を行ったり来たりと妄想の世界で症状が落ち着いてからもベッドに座る事も出来ない身体。支えきれない頭に周りが見えない目(左が0.02まで視力低下)が3ヶ月間のリハビリで思考回路もしっかりして来てOT・PTのリハビリも積極的に頑張りました。歩行訓練では「歩き方を忘れてしまったぁ」と言いながら訓練する程でした。

 娘を前に歩かせ、足の運びを見ながら歩く練習したり平行棒で自主練習して姿勢や歩き方の工夫を自分なりに考えました。

 主人がクモ膜下出血になって生死をさまよっている事も知らずに・・・

続きを読む…

作品画面の右下にある矢印(赤丸部分)をクリックすると、画面が拡大され、読みやすいです。
プラス(+)、マイナス(−)で微調整してください。