11/16開催:市民公開講座「甘く見てはいけない、 “転倒”」

市民公開講座「甘く見てはいけない、 “転倒”」
~抗血栓薬(血を固まりにくくする薬)をのんでいる患者さんとそのご家族へ~

日時:2019年11月16日 13時~15時
場所:ベルサール東京日本橋 ROOM C+D

主催:読売新聞社
後援:日本脳神経外科学会、日本救急医学会、日本脳神経外傷学会、日本脳卒中学会、日本循環器学会、日本脳卒中協会
協賛:日本べーリンガーインゲルハイム株式会社

参加:参加無料、200名

参加申し込み

チラシをダウンロードして、2ページ目の参加要項に従ってご応募ください。

また、https://www.yomiuri-tentou.com からもお申し込みいただけます。

応募締め切り 2019年10月31日(木)必着

なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。結果は聴講券の発送をもって代えさせていただきます。

お問い合わせ

「市民公開講座事務局」TEL03-5847-7739(平日10:00~17:30)

プログラム

  • 挨拶:鈴木倫保先生
    山口大学大学院医学系研究科 脳神経外科学 教授 、Think FASTキャンペーン 実行委員長

  • 講演:「抗血栓薬(血を固まりにくくする薬)を飲んでいる患者さんとそのご家族へ」
    矢坂正弘先生
    国立病院機構 九州医療センター 脳血管センター 部長、Think FASTキャンペーン 実行委員

  • パネルディスカッション「抗血栓薬服用中の転倒の危険性」
    <専門医それぞれの立場から高齢者の転倒の危険性について考える>
    □パネリスト
    脳神経外科代表 鈴木倫保先生
    脳神経内科代表 矢坂正弘先生
    救命救急科代表 横田裕行先生 日本医科大学大学院医学研究科救急医学分野大学院教授、Think FASTキャンペーン 実行委員
    循環器内科代表 池田隆徳先生 東邦大学大学院医学研究科循環器内科学教授、Think FASTキャンペーン 実行委員
    □コーディネーター 読売新聞東京本社医療部長 館林牧子様