医療関係者へ想いを。そして、患者さんに想いを。

\知っておきたい 脳卒中になった時・なった後 あなたはどうする? /
医師とのコミュニケーション

脳卒中の治療やリハビリテーションを適切かつ効果的に行うとともに、クオリティ・オブ・ライフの向上や患者さん中心の医療のためには、患者さんおよびそのご家族と医師(医療従事者)のコミュニケーションは大変重要です。

そこで、患者さんおよびそのご家族、医師、それぞれの立場で体験したコミュニケーションの難しさと大切さに関するエピソードや思いを共有し、相互理解を深めていただくと共に、今後、よりよいコミュニケーションにつなげるためのきっかけやヒントとなることを期待し、動画を制作しました。

患者さんからのメッセージ
─ 岡田 充弘 さんの場合 ─

診断名:脳梗塞(左脳の3分の2)
発症年齢:47歳

URL:https://youtu.be/cOmuzrvBjQY

医師からのメッセージ
─ 岡田充弘さんのメッセージを観て ─

木村 和美 先生
日本医科大学 大学院医学研究科
神経内科学分野 大学院教授

URL:https://youtu.be/ImfobrPbKoI


日本脳卒中協会 バイエル薬品株式会社 協同事業