脳卒中対策の法制化に向けた取り組み

「脳卒中対策基本法(仮称)の早期制定に関する請願」について

 

「脳卒中対策基本法(仮称)の早期制定に関する請願」については、18万人を超える方々にご署名いただき、「脳卒中対策を考える議員の会」の国会議員の方々に「紹介議員」をお引き受けいただき、平成26年5-6月にかけて衆参両院に提出されました。詳細は両院のホームページを御参照ください。

衆議院
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_seigan.nsf/html/seigan/1861037.htm

参議院
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/seigan/186/futaku/fu18600691527.htm

 

これらの請願は既に両院の厚生労働委員会に付託され、「審査未了」になっています。通常請願は提出された国会期間のみ有効ですが、「審査未了」のため秋の臨時国会でも有効となります。従って、臨時国会期間中に新たに請願署名を提出する必要はないので、これをもちまして、いったん署名活動を打ち切らせていただきたく存じます。これまで署名活動にご尽力いただいた方々にこの場を借りて心から感謝の意を表します。

 

*基本法制定を目指した活動の進捗状況をニュースメールでお知らせする「脳卒中対策基本法ニュースレター」を配信しています。

事務局 info@jsa-web.org へ件名を「ニュース配信」として(本文なし)ご登録ください。

みなさまのご関心が社会を動かします。

>>>詳細