〜 脳卒中の予防と患者・家族の支援を目指して 〜
jsa

平成28年度 脳卒中週間標語:それでいい?運動、塩分、酒、たばこ

脳卒中予防啓発のためのシンボルマーク



脳卒中予防啓発のためのシンボルマーク」は、脳卒中の予防啓発の目的にのみ、ご利用いただけます。個人や法人のアイコンまたはロゴなどに利用することはご 遠慮ください。ご利用の際は、事務局へお訊ねください

3月9日は脈の日 3月9日〜15日は心房細動週間

脈とってますか?心電図調べていますか?
寝たきり予防は脈のチェックから

脈がおかしいな、と思ったら、すぐ受診。
心房細動を見つけて、脳梗塞を予防しよう!

心房細 動週間ウェブサイト

プレスリリースを掲載しました(心房細動週間ページ 内)

youtube動画 脈とりで寝たきり予防

「脳卒中・循環器病対策基本法の成立を求める会」が
ホームページを公開!

求められる診療体制、基本法の必要性・基本概念・効果などが分かりやすく説明されています。
多くの患者会・家族会、有識者、政治家、学会・職能団体、介護・社会福祉関係者、医療従事者等の方々が賛同を表明されています。
是非ご閲覧の上、ご理解とご支援をお願い申し上げます。
http://www.junkankitaisaku-motomerukai.org

■ 日本脳卒中協会の声明文【PDF

市民講座のお知らせ

・3/19 脳卒中制圧 大阪春の陣 →詳 細(PDF)

・4/9 市民公開講座「脳と脊髄の健康」(長野)
    →詳細 (PDF)

■ 震災後の脳卒中予防を!

平成28年4月14日(木)以降続いている熊本地震により被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈りいた します。 東日本大震災の経験から、震災後、脳卒中、心不全・狭心症や心筋梗塞などが増えることが分かっています。その原因として、ストレス、塩分摂取の増加、薬剤 の不足や受診困難による服薬の中断などが考えられます。 この度、震災後の脳卒中予防のポイントをまとめたポスター「復興にはまず健康」を作成しましたので、ご活用いただけましたら、幸いです。

ポスターダウンロード(PDF)

イビチャ・オシム元サッカー日本代表監督
「脳卒中を語る。」動画公開!

イビチャ・オシム氏は、2007年、脳梗塞で倒れました。 ご自身の経験から、前兆、発症時の対応、リハビリ、生きること、そして、日本のサッカーについて、熱く語ってくださいました。 ぜひ、ご参考に!

>> オシム独占インタビュー「脳卒中を語る。」

転載やリンクされる場合はご連絡ください。【ホー ムページポリシー
公益社団法人日本脳卒中協会 専務理事 中山博文(info@jsa-web.org)
Copyright(C) the Japan Stroke Association
All rights Reserved. 2017年3月10日
お薬の情報や脳卒中体験記のことについて掲載しています。ご覧ください。>>詳細

脳卒中の症状

脳卒中になったら、どの病院へ行けば良いのでしょうか?

平成19年に施行された改正医療法により、それぞれの都道府県が、脳卒中診療を担う医療機関・施設の具体的な名称を、急性期、回復期、 維持期に分けて、公表しています。
>>脳卒中に対応する医療機関や施設

少しでも多くの方にt-PA治療を行っている病院を知っていただくために、日本脳卒中協会が調査し、一定の公表基準を満たした医療機関を検索できるように しました。
>>脳梗塞t-PA治療を行っている医療機関の検索

脳卒中市民シンポジウム採録

脳卒中を学ぼう

脳卒中に関する冊子

「脳卒中対策基本法(仮称)の早期制定に関する請願」については、18万人を超える方々にご署名いただき、「脳卒中対策を考える議 員の会」の国会議員の方々に 「紹介議員」をお引き受けいただき、平成26年5-6月にかけて衆参両院に提出されました。詳細は両院のホームページを御参照ください。 >>続き